出世する人・しない人の特徴とは?キャリアアップするための習慣や行動特性を解説

出世する人・しない人の特徴とは?キャリアアップするための習慣や行動特性を解説

あなたの周りにも出世しそうな人や昇進した人など、キャリアアップしている人がいませんか?

筆者にも「オーラがある!」という上司がいました。

特に現在は年功序列の時代から、実力を評価してくれるような会社も増え、一概に年齢や社歴だけで出世するとは言えないかもしれません。

そこで今回は出世する人の特徴や行動特性・習慣を分析し、それを真似することで少しでもキャリアアップするための参考にしてみてください。

スクロールできます
年代別おすすめ転職エージェント

第二新卒・既卒に特化
20代向けの手厚いサポート
紹介記事

ハイクラス求人に特化
30代・40代のミドル世代向け
紹介記事

幅広い年代に対応
40代・50代の転職におすすめ
紹介記事
年代別おすすめ転職エージェント
目次

出世する人の7つの特徴

実際に出世する人にはどんな特徴があるのでしょうか?

一般的に言われているものや、筆者自身が社会に出て感じた出世する人の特徴を紹介します。

出世する人の特徴
  • 責任感が強い
  • 成長意欲がある
  • 礼儀正しい
  • プラス思考
  • 判断力・決断力がある
  • 他人の意見を受け入れる
  • ハキハキ喋る

出世する人の特徴①
責任感が強い

出世する人は仕事ができる人という抽象的なイメージがありますが、つまり責任感が強い人だと考えられます。

理由として、ビジネスでは常に成果や結果を求められます。

責任感が強いということは、成果や結果を出すための目標達成意識が高い人です。

常に「業績を上げよう」「ミスなくこなそう」という責任感が強いため、成果や結果につながるために行動をしています。

期待に応えたいと思う気持ちが強いほど、責任感が強いのではないでしょうか。

出世する人の特徴②
成長意欲がある

次に成長意欲のある人は出世につながると考えられます。

なぜなら、成長意欲がある人ほど積極的に仕事に関わり、経験やコミュニケーションをたくさん取っているからです。

自分の仕事に線引きせず、未経験のことにも進んでチャレンジする点は、高く評価されるでしょう。

出世する人の特徴③
礼儀正しい

出世する人には礼儀正しい人が多いです。

特に目上の人だけでなく、部下や後輩に対しても礼儀をもって接したり、謙虚な姿勢を示します。

出世するということは、部下を持つようになるため、尊敬される人物像でなくてはなりません。

年齢や社歴に関係なく、時にはフランクで親しみやすい面の中にも、礼儀をもって接する人は出世しやすいでしょう。

出世する人の特徴④
プラス思考

プラス思考の人はビジネス面だけでなく、周囲から評価されるでしょう。

例えば悩んでいる人に対しては、前向きなアドバイスができますし、その人自身も落ち込むより前進することを選ぶでしょう。

そういった周囲へも良い影響を与えてくれるプラス思考の人には、組織の中枢にいてほしいと思うのは当然です。

出世する人の特徴⑤
判断力・決断力がある

判断力や決断力がある人は出世しやすいと考えられます。

何かトラブルがあれば解決するための方法を考えアクションしたり、目標に向けて行動するための判断ができるからです。

また判断や決断が速いほど、物事に対処しやすいという点も挙げられます。

出世する人の特徴⑥
他人の意見を受け入れる

自分だけでなく、他人の意見も受け入れられる人は周囲から支持されやすいでしょう。

出世する人は耳を傾けるだけでなく、自分の意見も持ったうえで、最善は何かを考えられることを期待されています。

部下や後輩に対しても、トップダウンではなくボトムアップで意見を吸い上げることで、判断する材料になるでしょう。

出世する人の特徴⑦
ハキハキ喋る

出世しやすい人の特徴の最後としては、ハキハキ喋るということです。

自分の意見や主張に自信を持つことで、周囲の信頼を勝ち取ることができます。

また「この人のことなら信じてみよう」と期待もされやすいでしょう。

意外とすぐに真似できるものもあるのではないでしょうか?

スクロールできます
優良求人を扱う転職エージェント

退職代行が運営する転職エージェント
優良企業の求人を厳選
紹介記事

管理部門・士業に特化
リモート求人多数
紹介記事

第二新卒・既卒に特化
若年層向けの手厚いサポート
紹介記事
優良求人を扱う転職エージェント

出世しない人の7つの特徴

それでは反対にどんな人が出世しないと言われているのでしょうか。

一般的に言われているものや、筆者自身が「あ、この人出世しなそうだな」と思った人の特徴を正直に伝えます。

出世しない人の特徴
  • 責任感が無い
  • 成長意欲が無い
  • 礼儀やマナーが無い
  • マイナス思考やネガティブ発言が多い
  • 優柔不断
  • 自分の意見だけを押し通す
  • 自信なさげに喋る

出世しない人の特徴①
責任感が無い

出世しない人の特徴として、責任感が無い人が挙げられます。

出世するということは、部下や後輩を持つことになり、何かトラブルがあればその人が責任を負うこともあります。

しかし責任感が無い人は部下や後輩のせいにして、責任転嫁をしてしまうでしょう。

そういった人は人望が無いため、出世させたくないと考えられてしまいます。

出世しない人の特徴②
成長意欲が無い

成長意欲が無い人を出世させてしまうと、新しい事業やプロジェクトに挑戦せずに、目の前の業務をこなすだけになってしまいます。

ビジネスは常に成長していくべきなので、停滞や後退してしまう人よりも、積極的に新しいことにチャレンジする成長意欲が買われます。

そのため成長意欲が無い人は出世は難しいでしょう。

出世しない人の特徴③
礼儀やマナーが無い

礼儀やマナーが無い人は、周囲の人望も無くなってしまうため、出世させたくないと思われるでしょう。

例えば部下や後輩に対し、高圧的な態度を取ったり、信頼関係が出来ていない中で距離感を間違えることもあるでしょう。

あくまで同僚はビジネスという括りで一緒に働いているので、社歴や年齢関係なく「親しき中にも礼儀あり」ということは忘れてはいけません。

そういった礼儀やマナーが無い人を出世させたくないと考えるのは、当然のことだと思います。

出世しない人の特徴④
マイナス思考やネガティブ発言が多い

マイナス思考やネガティブ発言は、周囲への悪影響を与えてしまいます。

例えば「多分このプロジェクト上手くいかないね」「この会社にいても給与上がらないよ」というような、言う必要のないことや愚痴ばかりを喋る人は、聞いている方も不安や不快になってしまいます。

そんな人が出世し、管理職やリーダーポジションになってしまうと、その言葉が会社やチームの意志というように感じてしまいます。

出世しない人の特徴⑤
優柔不断

次に優柔不断な人は出世しづらいでしょう。

「この仕事どうしよう…」「自分では判断できないよ」というように、決断や判断がなかなかできない人は周囲からの信頼がどんどん落ちてしまいます。

またそういう人は責任を取りたくない人と思われてしまいます。

時には思い切って「自分が責任を取るからやってみよう!」と思いきることも重要ですし、言われたことしかできない人を昇進させたくはありませんよね。

出世しない人の特徴⑥
自分の意見だけを押し通す

自分の意見だけを押し通す人は人望が無くなってしまいます。

時には答えがあったとしても「あなたはどう思う?」と聞き、意見を引き出すことで部下や後輩の成長を助けます。

部下や後輩の成長よりも自分の手柄のために行動する人は、会社全体の利益にはならないので、出世させたくはないでしょう。

出世しない人の特徴⑦
自信なさげに喋る

出世させたくない人の特徴の最後は、自信なさげに喋る人です。

「この人に任せて良いの?」「誰か決定するの?」と周囲を不安にさせてしまいますし、自分が責任を負いたくないのかな?と考えさせられます。

上司やリーダーには、自信を持って発言してほしいと考えてしまうので、ハキハキと喋れない人は出世しずらいでしょう。

そもそも「出世する」ということは?

「出世」というと会社での昇進のイメージが強いですよね。

そもそも出世とはどういう意味合いなのか調べました。

出世とは
社会的に高い身分・地位を得ること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

つまり会社員として昇進することだけでなく、自身で起業することも含まれます。

今回の記事では出世=キャリアアップという考えで解説していきたいと思います。

退職代行と連携し厳選したホワイト求人を紹介

無料会員登録はこちら!

出世する人の習慣・行動特性

出世する人の客観的に見た特徴を前述しましたが、そういった人はどんな習慣や行動特性があるのでしょうか。

出世しやすい人に共通する心掛けていることを紹介したいと思います。

出世する人の習慣・行動特性
  • 身だしなみに気を付ける
  • 整理整頓している
  • 効率化のためには時間を割く
  • 部下や後輩ともコミュニケーションを怠らない
  • 非があることや不明なことは素直に認める

出世する人の習慣・行動特性①
身だしなみに気を付ける

ビジネスにおいて最低限の清潔感は無いと、相手へ不快感を与えてしまいます。

特に出世する人は清潔感だけでなく、身だしなみに気を付けています

例えばスーツやオフィスカジュアルでもTPOに合わせた服装をしており、さらに髪型やヒゲなどにも気を付けています。

中にはジムや定期的な運動で、体格から整えている人もいます。

出世する人の習慣・行動特性②
整理整頓している

出世する人にはデスクの上やカバンなど、常に整理整頓を心掛けている人が多いです。

なぜ整理整頓が重要かというと、物の定位置が決まっている事で探し物などの無駄な動きが無く、効率化が図れるからです。

常にデスクが散らかっている人は「あの書類どこだっけ?」と探すことが多くありませんか?

更にそういう人に限って、重要な書類を汚してしまったり、無くしてしまいがちです。

出世できない人ほど、業務に追われデスクが汚いままで悪循環が続き、出世する人ほど就業後にデスクを整えて退社する人も多いと思います。

出世する人の習慣・行動特性③
効率化のためには時間を割く

出世する人は物事を大局的に見る人が多く、効率化のためには時間を割くことが多いです。

例えば定期的に作成する書類があれば、フォーマットを作成するために、どんな定義で作るかなどの意見を出したり求めたりするでしょう。

一度フォーマットが出来てしまえば、その後の作業効率が上がるからです。

こういった物事の見極めが非常に上手で、何が必要かを的確に判断できるでしょう。

出世する人の習慣・行動特性④
部下や後輩ともコミュニケーションを怠らない

出世と言うと、上司や目上の人に「ゴマをする」というイメージの人もいるかもしれません。

もちろんそういった社内政治のようなものも、まだ残っている会社もあるでしょう。

しかし上司や目上の人だけでなく、部下や後輩ともコミュニケーションを怠らないことは重要です。

なぜなら実務を行ったり、現場の意見を持っているのは部下や後輩であることが多いからです。

そういった生きた情報を部下や後輩とのコミュニケーションをとることで、業務に活かすこともできますし、人望もある方がチームとして上手くいくでしょう。

出世する人の習慣・行動特性⑤
非があることや不明なことは素直に認める

最後に出世する人の習慣や行動特性として、何事にも素直に認めるということが挙げられます。

特に非があることや不明なことをすぐに認めることは、意外と大人になればなるほど難しいかもしれません。

強がったり「自分は悪くない!」と主張する人もいると思いますが、まずは非を認めたり「それってどういうこと?」と素直に聞くことで相手の信頼を獲得できることもあります。

出世できないのは会社のせい?

ここまで出世しやすい人の特徴などを紹介してきましたが「自分が出世できないのはおかしい」「特徴が当てはまるけどなかなか出世できない」という人もいると思います。

そんな人はご自身ではなく、会社に要因がある可能性が高いです。

実はあなたの勤めている会社は「出世しにくい会社」かもしれません。

出世しやすい会社の特徴は?

では出世しやすい会社とはどんな特徴があるのでしょうか?

①中小企業・ベンチャー企業

中小企業やベンチャー企業は、人材の入れ替わりもあるためポストが空きやすく出世しやすいです。

また人事評価制度が年功序列ではなく、成果や実力を評価してくれるものであれば、社歴に関係なく出世できるかもしれません。

そういった人事評価制度の観点からも、中小企業やベンチャー企業の方が個人を評価しやすいので、出世しやすいといえるでしょう。

②新規事業を行っている企業

積極的に新規事業を行っている企業であれば、立ち上げ時に新たなポストが生まれるため、人事異動も活発にあるため出世しやすいでしょう。

またご自身が新規事業や新規プロジェクトの立ち上げに携わる可能性も高いので、チャレンジ精神を持つ方はそういった企業が合っているでしょう。

③代表や経営陣が若い会社

代表や経営陣が若い企業の場合、若い人材の意見も反映させたいと考えることから、年齢や社歴に関係なく出世させる可能性があります。

フレッシュで柔軟な会社の方が実力を評価してくれる可能性が高いので、出世したい人には適していると考えられます。

出世できなくて悩んだ時の解決方法

もしあなたが出世しやすい人の特徴に当てはまっている場合や、習慣・行動特性を取り入れていても出世できないと悩んでしまうときは、下記の方法を検討してみましょう。

  • 転職エージェントに相談する
  • キャリアコーチングを受けてみる
  • スキルを身に着けて転職する

①転職エージェントに相談する

出世できない原因があなたが勤めている会社にある場合は、思い切って転職してみるのも1つです。

現在は多くの人がキャリアアップのために転職をしており、転職エージェントに相談することで、より転職成功率を高めることができます。

転職エージェントについて詳しく解説している記事があるので、参考にしてみてください。

また転職エージェントはそれぞれ得意・不得意な求職者や業種があります。

自分に合う転職エージェントを見つけるためには、複数の転職エージェントに登録することで、相性の良いキャリアコンサルタントに出会うことができます。

またあなたがハイクラスな求人を探している場合は、おすすめの転職エージェントがあるので紹介します。

年収800万円以上の求人多数!

type転職エージェント ハイクラス

tyepe転職エージェントハイクラスtopページ
おすすめポイント

年収800万円以上のハイクラス求人専門!

無料会員登録でハイクラス求人を紹介してもらう!

②キャリアコーチングを受けてみる

キャリアコーチングは出世や転職、起業などキャリアに悩む人とコーチが対話することで、あなたの本当の理想を見つけ出す手法です。

意外と「このままで良いのかな?」「出世しにくいから転職しようか迷っている」という人生の選択に役立つかもしれませんので、おすすめのキャリアコーチングサービスを紹介します。

あなたの在りたい姿を明確化!

ZaPASSコーチングキャリア

ZaPASSコーチングキャリアのTOPページ
おすすめポイント

キャリアに悩む方や現状に満足していない方におすすめ!

コーチング無料体験に申し込む!

③スキルを身に着けて転職する

あなたが出世できない理由は会社だけでなく、あなた自身のスキルにも要因があるかもしれません。

そんなときは思い切ってキャリアチェンジも1つの手段だと思います。

しかしあなたの今の仕事が評価されづらい職種のため、異業種への転職が上手くいかない可能性もあります。

そんな時にはすぐに転職活動を始めるのではなく、スキルを身に着けてから転職してみるのはいかがでしょうか?

今は国が行っている施策を活用して、最大56万円の補助金が利用できる「リスキリング」をすることも良いと思います。

リスキリングを通し、スキルを身に着けた上で異業種への転職支援をしてくれるサービスを紹介します。

異業種転職に特化!

WorX(ワークス)

WorXのtopページ
おすすめポイント

今だけAmazonギフト券3,000円プレゼント中!

WEB無料カウンセリングを予約する

まとめ

今回は出世する人の特徴を紹介しました。

「意外と当たり前じゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、客観的に見て行動できているかを今一度振り返ってみましょう。

またあなた自身以外の外的要因で出世できない人もいます。

その場合は転職を検討したり、キャリアコーチングやリスキリングを通して、行動してみることが一番です。

あなただけで悩んだり、諦めてしまう前に無料のキャリアカウンセリングや情報収集だけでもしてみることをおすすめします。

スクロールできます
年代別おすすめ転職エージェント

第二新卒・既卒に特化
20代向けの手厚いサポート
紹介記事

ハイクラス求人に特化
30代・40代のミドル世代向け
紹介記事

幅広い年代に対応
40代・50代の転職におすすめ
紹介記事
年代別おすすめ転職エージェント
シェアはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次