転職エージェントとは?メリットや仕組みを解説します

転職エージェントとは?メリットや仕組みを解説します

「転職したい」と考えている人にとって「仕事探し」といえば求人サイトに登録して応募するイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

現在多くの求職者の方が転職エージェントを利用しています。

そんな転職エージェントに興味がある方に向けて、仕組みやメリットをご紹介します。

スクロールできます
全国の求人を扱う転職エージェント

退職代行が運営する転職エージェント
優良企業の求人を厳選
紹介記事

圧倒的な求人数
幅広い年齢や職種に対応
紹介記事

第二新卒・既卒に特化
若年層向けの手厚いサポート
紹介記事
全国の求人を扱う転職エージェント
目次

転職エージェントとは

転職エージェントとは「仕事を探している」求職者と「人材を募集している」企業をマッチングする人材紹介会社のサービスの一種です。

人材紹介会社は求人企業へ人材を紹介し、入社することで年収の一部の額を成功報酬として得ています。

また求職者には独自の求人情報を提供することで求人サイトに載っていない非公開求人の紹介もしています。

求職者側は仕事の紹介を受けたり、サポートを受ける際の費用は原則発生しません

転職活動支援サービスの利用の流れ

「仕事を探している」「転職したい」という求職者の方向けに転職エージェントの利用のおおまかな流れをご説明します。

①面談

まずは人材紹介会社に登録するため、面談を行います。

面談ではあなたの理想の働き方や条件、活かせる経験を伝える場です。

面談をすることでどんな企業と合うのかを人材紹介会社が判断するための材料になります。

面接ではないので気軽に参加して問題ありません。

②お仕事の紹介・応募

面談後はコンサルタントからのお仕事の紹介があります。

転職エージェントが持つ求人の中からご自身で興味のある仕事に応募しましょう。

③書類選考

応募する企業や人材紹介会社によりますが、あなたの経歴を企業側へ伝える書類選考があります。

簡単な経歴書を人材紹介会社が作成し、あなたの魅力を企業側へアピールしてくれます。

④企業との面接や試験など

企業側が紹介された人材と会ってみたいとなれば、面接へ進みます。

面接は企業ごとに1回~複数回行われ、その中で筆記試験や適正テストなどを行う場合もあります。

⑤内定

求職者と応募企業の双方が納得した上で内定となります。

退職代行を利用された企業の求人は紹介しません /

無料会員登録はこちら!

転職エージェントを利用するメリット・デメリット

転職エージェントを利用する際のメリットやデメリット・注意点を紹介します。

転職エージェントを利用するメリット

まずは転職エージェントを利用するメリットを紹介します。

求人サイトには掲載されていない非公開求人がある

人材紹介会社は求人企業に依頼されて募集をしています。

その中にはより専門的なスキルを要する求人など、一般的な求人サイトに掲載されていない求人が多くあります。

そのような求人はいくら求人サイトを検索しても出会うことができませんので、人材紹介会社を経由して応募することが出来る点はメリットといえます。

就業中でも手間を削減できるので効率が良い

多くの場合は面接の前に履歴書や職務経歴書を送付する必要がなく、企業ごとに志望動機を考える手間が減ります。

ある程度採用の見込みが低い場合や募集している要件とスキルが見合わない場合は、自分で一から応募するよりも早めに結果が分かるので、次へと行動を移すことができ、結果的に転職までの時間を削減しやすいです。

面接対策や傾向を教えてくれる

人材紹介会社によっては、過去の面接時に質問された内容や傾向を把握していることがあります。

他にも、サービスの一環として模擬面接などの対策も行っている人材紹介会社もあります。

初めての転職や第二新卒の方などはそういったサポートの手厚い人材紹介会社をおすすめします。

条件交渉を人材紹介会社がしてくれる

一般的に採用の条件は内定後にあなたの経験やスキルを元に決定します。

その際、年収が希望よりも低かった場合などは人材紹介会社が条件交渉を依頼することができます。

必ずしも成功するという訳ではありませんが自分ではなかなか言い出しづらい条件交渉を代行してもらう点はメリットに感じるのではないでしょうか。

退職代行を利用された企業の求人は紹介しません /

無料会員登録はこちら!

転職エージェントを利用する上でのデメリットや注意点

次に転職エージェントを利用する際のデメリットや注意するポイントを紹介します。

エージェントの特徴と合わない場合がある

人材紹介会社ごとに様々なカラーがあり、それがあなた自身と合わない場合があります。

例えばこれまで社会人経験のない方や第二新卒の方が専門性の高い人材紹介会社に登録しても、なかなか良い求人とマッチングしません。

そのような方には社会人未経験や20代の転職に強い人材紹介会社を選ぶことで面接対策やポテンシャル採用を行っている仕事の紹介が多いでしょう。

社会人未経験者の就職実績10,000人以上

無料会員登録する

②エージェントの相性による

担当のキャリアコンサルタントとの相性により、なかなか良い求人が紹介されない場合があります。

登録時の面談で親身にヒアリングしてくれるかなどを確認しましょう。

希望に合わない仕事の紹介が多い場合は、希望条件をきちんと把握していない可能性があるので、改めて希望を伝えることも必要です。

エージェントのスキルや経験が低い場合がある

条件交渉が得意な人材紹介会社の方が希望条件が通りやすいので、より好条件で働くことができます。

経験やスキルの浅い人材紹介会社では、なかなか条件交渉が上手くいかない可能性があります。

もちろん、経験豊富な人材紹介会社であっても、必ず交渉が成功するというわけではありませんがノウハウのある人材紹介会社の方が有利なことは間違いありません。

「少しでも好条件で働きたい!」という方は、紹介実績の多い人材紹介会社を選ぶことが重要です。

紹介実績No.1「リクルートエージェント」

どんな人に転職エージェントの利用が向いているのか?

転職エージェントにはメリット・デメリットを理解した上で、向いている方はこんな方です。

現在就業中の方

転職サイトやハローワークでは、ご自身で自発的に自分に合う求人を探す必要があるため、就業中の方はなかなか時間が取れないケースがあります。

しかし転職エージェントでは、キャリアコンサルタントからの提案やスカウトメールなど、受動的に情報を得ることが可能なので、就業中の方も興味のある求人情報が目に留まりやすくなります。

既卒や第二新卒など経歴に不安がある方

経験が浅いまま転職する第二新卒や既卒といった経歴に不安がある方も転職エージェントの利用をおすすめします。

その理由として、転職エージェントでは専任のキャリアコンサルタントによる面接対策や条件交渉など手厚いサポートが受けられます。

また第二新卒・既卒に特化した転職エージェントもあるので、自己PRを一緒に考えてくれたり、模擬面接もおこなってくれますよ。

社会人未経験者の就職実績10,000人以上

無料会員登録する

専門的なスキルを活かしたい方

専門的なスキルを活かしたい方は、ご自身の経験する業界や職種に強い転職エージェントを利用することで、非公開求人に出会うことができます。

例えば、経理や人事といった管理部門に特化した転職エージェントのの場合、会員登録することで他の求人サイトや転職エージェントにはない独占求人が見られます。

このように専門的なスキルや経験を活かしたい方にも転職エージェントの利用をおすすめします。

効率よく転職・就職したい方

時間をかけずに転職したい方にも転職エージェントはおすすめです。

なぜならば、転職エージェントの場合は一度履歴書や職務経歴書を作成すれば、書類選考は転職エージェント側で提出してくれるので、1社ずつ志望動機を変えて作成する必要がありません。

また面接日程の調整などもすべて転職エージェント側で行うので、無駄なやり取りをせず転職活動ができます。

書類作成だけでも時間が取られますよね…。

より良い条件で働きたい方

転職エージェントは内定後の給与交渉などを代行して行ってくれます。

自分ではなかなか言い出しづらい給与交渉ですが、プロに任せることが可能です。

例えば2社内定をもらった際には「A社の方が魅力的だけど、B社の方が年収が高い」というような場合、A社の担当に掛け合ってくれるケースがあるでしょう。

このように、転職・就職を希望する方の多くは転職エージェントを一度は利用する価値があるのではないでしょうか。

紹介実績No.1「リクルートエージェント」

まとめ

転職エージェントの仕組みやメリット・デメリットをご紹介しました。

転職エージェントを選ぶことは、これからの働き方を一緒に考えてくれるパートナー選びと一緒です。

何気なく登録するのではなく
「どんな働き方がしたいか」
「自分のスキルを活かすには?」

と自分を振り返ってみてから、それに合う人材紹介会社へ登録することをおすすめします。

スクロールできます
全国の求人を扱う転職エージェント

退職代行が運営する転職エージェント
優良企業の求人を厳選
紹介記事

圧倒的な求人数
幅広い年齢や職種に対応
紹介記事

第二新卒・既卒に特化
若年層向けの手厚いサポート
紹介記事
全国の求人を扱う転職エージェント
シェアはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次