退職代行トリケシ(TORIKESHI)の評判・クチコミ|違法?即日退社可能?費用やメリット・デメリットも解説!

退職代行トリケシ利用者の評判・口コミ

退職代行トリケシ(TORIKESHI)は「仕事を辞めたい」「退職したいけど直接言いづらい」という方に代わって、退職の意志を伝えてくれるサービスです。

このページを見ている方のほとんどが、その退職代行サービスの利用を検討している方だと思います。

しかし退職代行と検索すると「違法」というキーワードが出てきて不安ですよね。

そこで今回は退職代行トリケシを実際に利用した方の評判やクチコミを基に、違法なのかについてや詳しい費用、メリット・デメリット、即日退社できるのかどうかについて解説していきます。

\一律25,000円!労働組合運営で安心◎

まずはLINEで無料相談する

目次

退職代行トリケシ利用者の評判・口コミ

退職代行トリケシの主な評判・口コミを紹介します。

退職代行トリケシの良い評判・口コミ

退職代行トリケシの良い評判・口コミを紹介します。

退職代行トリケシの良い評判・口コミ①
パワハラを受けていたが間に入ってくれて退職できた

退職代行トリケシの良い評判・口コミ②
即日で退職が受理され有給も消化できた

入社して3年、キャリアアップの為に退職を申し出たところ、「人手不足なので後任者を見つけて、引き継ぎが全て終わってから退職してください。」と言われてしまいました。このままではいつ辞められるかも分からず、退職を申告しているので働きにくい環境により一層なっていました。そこでトリケシに頼んだところ、即日で退職が受理されました。また退職申告当初に有休消化を全くさせてくれませんでしたが、3年分の有給を消化し、無事転職活動中で、気が晴れています。

退職代行トリケシ公式サイト

退職代行トリケシの良い評判・口コミ③
職場に行くことなく退職できた

転職をする際の条件と全く違った条件での入社で愕然…。条件が違いすぎる上にサービス残業の日々で、食欲不振やひどい動悸など心身ともに追い詰められ少しでも早く辞められないかと毎日悩む様になっていました。職場にももう顔を出したくないけれど、貸与物があったり、訴えられないかなどと色々考えていた時にトリケシに依頼を決意。会社の人と会うこともなく、無事退職書類も届き、療養に専念できました!

退職代行トリケシ公式サイト

退職代行トリケシの良い評判・口コミ④
社宅を借りていてもトラブルなく退職できた

自分に業務があっておらず上司からの圧力でなかなかやめることができませんでした。このままいなくなろうかとも何度も思いましたが、社宅を借りているので、直接上司がこれてしまいますし、私物をロッカーに忘れているので返してもらいたいから正式に退職をしたくトリケシに頼み、代行実行日までに引っ越すことができました。会社の上司が押しかけてくる不安から解き放たれ、私物も無事、会うことも直接のやり取りもなく退職できました。

退職代行トリケシ公式サイト

\一律25,000円!労働組合運営で安心◎

まずはLINEで無料相談する

退職代行トリケシ利用者の悪い評判・口コミ

退職代行トリケシの悪い評判・口コミを紹介します。

退職代行トリケシの悪い評判・口コミ①
辞めるだけなら使える

退職代行サービスの口コミや料金を比較して退職代行トリケシを選択。
口コミの内容がいまいちだったのが不安だったけど、無事に退職はできた。
「会社を辞める」だけなら使える退職代行。

退職代行口コミ評判ランキング

利用された方の意見として、退職代行トリケシは「辞めること」が目的の方であれば使えるという声でした。

退職代行トリケシは労働組合が運営しているため、複雑なケースや訴訟問題には対応していないため、このような声もあるのではと考えられます。

退職代行トリケシの悪い評判・口コミ②
もう少し手間を掛けずに辞めたかった

職場からの質問があったみたいで質問と返事を繰り返す。
なにげに手間だな・・・
業者の方で判断してほしいような内容もあってめんどう。
ま、ほとんどは退職代行にお任せだから精神的には楽だけど。

少し時間がかかったけど辞めることができました。
もう少し手間がかからなければいい会社の辞め方だと思った。

退職代行口コミ評判ランキング

この方のケースだと、何度か会社からの質問があり手間に感じてしまったようです。

しかし退職代行業者としても、事実と異なる回答はできないので「業者の方で判断してほしいような内容」というのも判断できないのではないと思います。

むしろ適当に会社に回答したことで、トラブルになってしまうリスクを回避している点は、しっかりしている印象を受けました。

しかし退職希望者も「いち早く会社との接点を無くしたい」という思いもあるかもしれませんので、そういった方こそ退職代行を賢く利用しましょう。

そもそも退職代行とは?

そもそも退職代行とは、労働者の本人に代わって退職の意志を就業先の企業に伝えることです。

その中でも意思を伝えるだけでなく、会社と有給や退職金の交渉をしたり、時には慰謝料請求などの訴訟問題まで発展する場合があります。

しかし退職代行業者には運営元の種類によっては対応できない範囲があります。

大きく分けると民間企業・労働組合・弁護士法人の3種類の運営元があり、主に下記の表の丸がついている範囲しか対応してはいけません。

運営元退職意志を伝える会社との交渉訴訟対応
民間企業××
労働組合×
弁護士法人
退職代行サービスの運営元別の違い

退職代行業者によって例外もありますが、基本的には民間企業や労働組合運営の退職代行業者が訴訟対応をしてしまえば違法になってしまうケースもあります。

ご自身の退職時の状況や懸念に応じて、運営元を選ぶ必要があります。

\一律25,000円!労働組合運営で安心◎

まずはLINEで無料相談する

退職代行トリケシは違法なの?

退職代行を利用する上で「違法なのか」ということを調べる方が多いです。

結論から言うと、退職代行トリケシは違法ではありませんが、退職代行サービスの中には違法な業務を行っている業者もいます。

退職代行業者で多いケースが、弁護士以外が出来ない行為=非弁行為をすることで、報酬を得ると違法になってしまいます。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。

弁護士法第9章第72条

退職代行業者トリケシは労働組合が運営しているため、民間が運営する退職代行業者では出来ない「団体交渉権」を行使することが可能です。

交渉権を行使すれば、退職日や有給消化に関する交渉が可能となります。

労働組合の退職代行業者で違法になるケース

労働組合の退職代行業者を利用する際に特に注意すべきなのは下記の点です。

労働組合の退職代行サービスで違法になるケース
  • 訴訟問題など法律に関わる具体的な対応

訴訟問題など法律に関わる具体的な対応

ハラスメントを受けた慰謝料を請求したい場合など、訴訟問題に発展する可能性がある場合は、弁護士が運営する退職代行サービスを利用した方が良いでしょう。

民間企業・労働組合の退職代行業者の場合でも「弁護士監修」「裁判になった際は弁護士を紹介します」というようなパターンもありますが、その場合二度手間になり、料金も割高になってしまいます。

違法な非弁行為をしてしまうと、退職自体も無効になってしまう可能性もあるため、少しでも不安な方は弁護士運営の方が安心です。

弁護士が運営する退職代行サービスでは、退職110番がおすすめです。

弁護士運営の退職代行サービス /

複雑なケースや残業代・慰謝料請求も可能

退職代行トリケシのメリット

退職代行トリケシのメリットを解説します。

  • 即日退職可能で職場に行く必要が無い
  • 24時間対応可能でLINEで完結できる
  • コストパフォーマンスが高い
  • 安心の労働組合が運営
  • 弁護士監修のサービス
  • 退職実績3,500件以上
  • 転職支援や失業保険のサポートも紹介可能

退職代行トリケシのメリット①
即日退職可能で職場に行く必要が無い

退職代行トリケシを利用すれば、最短即日で退職が可能です。

そのため職場に行く必要が無く、嫌な上司や同僚と顔を合わせることもありません。

特にパワハラが原因で退職を検討している方は、威圧的な態度に委縮してしまい退職できないリスクもあるため、退職代行を利用することをおすすめします。

退職代行トリケシのメリット②
24時間対応可能でLINEで完結できる

退職代行トリケシは24時間対応しており、LINEで問い合わせから退職まで完結できます。

公式サイトにいくと、現在待機中のオペレーターが分かるので、すぐに相談したい人には安心できるシステムです。

退職代行トリケシのオペレーター待機数

退職代行トリケシのメリット③
コストパフォーマンスが高い

退職代行トリケシの料金は正社員やアルバイト・パート一律25,000円(税込)です。

民間企業が運営する退職代行サービスと同水準の金額で、利用することができるため、コストパフォーマンスが高いと言えます。

退職代行トリケシのメリット④
安心の労働組合が運営

退職代行トリケシは労働組合が運営する退職代行業者です。

そのため団体交渉権を行使すると、未払い残業代や有給消化など、退職希望者と会社の間でトラブルになりやすい問題に対応することが可能です。

特にブラック企業の可能性が高い会社に勤めている方は、団体交渉権が必要なシーンも多いので、退職代行トリケシがおすすめです。

退職代行トリケシのメリット⑤
弁護士監修のサービス

退職代行トリケシは労働組合が運営しており、加えて弁護士が監修しているため、非弁行為に該当しないかなどのチェックが行われます。

そのため法律を遵守したサービスを展開することができます。

もし訴訟の可能性や複雑なケースの場合は、LINEで「トリケシでも対応できるか?」ということを事前に確認しましょう。

退職代行トリケシのメリット⑥
退職実績3,500件以上

退職代行トリケシはこれまで3,500件以上の退職実績があります。

万が一退職できなかった場合でも全額返金サービスがあるため、利用しやすいです。

退職代行トリケシのメリット⑦
転職支援や失業保険のサポートも紹介可能

退職代行トリケシは退職代行だけでなく、転職支援や失業保険のサポートも紹介しています。

失業保険のサポートは、数百万円も給付金が受け取れるケースもあるため、下記の記事を参考にしてみてください。

\一律25,000円!労働組合運営で安心◎

まずはLINEで無料相談する

退職代行トリケシのデメリット

退職代行トリケシのデメリットを解説します。

  • 費用が掛かる
  • 訴訟や複雑なケースは対応できない

退職代行トリケシのデメリット①
費用が掛かる

自分で会社に退職を伝えるのではなく、退職代行サービスを利用すれば費用が掛かります。

退職代行トリケシの場合、正社員・パート問わず25,000円(税込)になります。

「ちょっと高いな」「もう少し安くしたい」と思う人は下記の方法を参考にしてみてください。

少しでも安く抑える方法①
民間企業運営の退職代行業者に依頼する

お金を掛けたくない人は、自分で伝えることが一番ですが、少しでも費用を抑えたい人は民間企業の退職代行サービスも検討してみることをおすすめします。

民間企業の中でも退職代行モームリは22,000円と退職代行トリケシよりも3,000円安く、コストパフォーマンスも高いです。

民間企業運営なので「退職の意志さえ伝えてくれれば良い」という人向けです。

\ 料金22,000円!もう無理ならモームリへ!/

24時間対応の無料相談で即日退職する

少しでも安く抑える方法②
労働組合運営なら退職代行ガーディアンもおすすめ

「民間企業では少し不安」「交渉したいことがある」という方には、労働組合運営でもう少し費用を抑えられる退職代行ガーディアンがおすすめです。

ガーディアンは料金は24,800円と、退職代行リーガルジャパンより200円安いので少しお得になります。

24,800円!労働委員会認証の組合運営で安心!

無料相談はこちら!

退職代行トリケシのデメリット②
訴訟や複雑なケースは対応できない

退職代行トリケシは労働組合運営のため、訴訟や複雑なケースは対応できません。

例えば「パワハラが理由で辞めるから慰謝料も請求したい」「会社から損害賠償請求をされた」といった訴訟問題などは弁護士運営の退職代行業者を利用しましょう。

また最近では退職代行を複数回利用されている企業だと強気な姿勢を取り、本人へ何度も連絡するケースもあるそうです。

そのため弁護士運営の退職代行業者の方が「弁護士(代理人)を通してください」と言うことができるので、ストレスも感じにくいかもしれません。

スクロールできます
おすすめの退職代行サービス

弁護士が運営
訴訟や複雑なケースに対応
¥43,800

労働組合が運営
交渉権もあり
¥24,800

民間企業が運営
転職エージェントも併用可能
¥22,000
おすすめの退職代行サービス

退職代行トリケシはこんな人におすすめ

退職代行トリケシはこんな人におすすめです。

退職代行トリケシがおすすめな方

即日退職したい人

退職代行トリケシに限らず、退職代行サービスでは即日退職が可能になります。

就業規則で「退職の意志は1ヶ月以上前に伝える」などの記載があったとしても、あくまで社内ルールのため民法が優先されます。

民法上では退職の意志表示から2週間で退職が出来ますので、その間有給や欠勤を使用するケースや、会社側から即日退職という旨を伝えられることもあります。

【期間の定めのない雇用の解約の申入れ】
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

e-Gov 民法第六百二十七条

自分で退職を切り出すのが気まずい人

「入社して日が浅いけど退職したい」「高圧的な上司だから辞めたいと言えない」「繁忙期で退職の意志を切り出しづらい」など退職代行を利用する人は様々です。

ご自身でなかなか退職の意志を伝えられないという人は、退職代行を利用すると悩む時間も減るので、意外と呆気なく退職出来る人もいます。

退職時の条件交渉をしたい人

退職代行トリケシは労働組合運営のため、退職時の条件交渉をしたい人におすすめです。

未払い残業代や有給消化など、会社と希望が異なる場合は労働組合の団体交渉権を活用しましょう。

ブラック企業で勤めている人・慰留ハラスメントを受けた人

すでに今働いている環境がブラック企業だと感じている方は要注意です。

退職の意志を伝えても聞いてもらえないケースや後任者が見つかるまでと引き留めに合う可能性が高いです。

「うちの会社ブラック気質だな」と思う人は、最初から退職代行を利用した方がトラブルにならずにスムーズに退職できるでしょう。

また慰留ハラスメントなどの精神的ダメージを受けてしまった人も、無理に自分で解決しようとせずに、プロに頼ってみてはいかがでしょうか。

もしすでにうつ病の症状がある場合は、退職後に就労移行支援のサポートを受けることもできます。

手軽にLINEで相談したい人

退職代行トリケシはLINEで24時間手軽に相談できます。

平日は仕事に追われて夜しか相談できない人も、悩んだ時にいつでも相談ができます。

退職後も転職や給付金のサポートをしてほしい人

退職代行トリケシは転職や失業手当の給付金サポートも行っています。

「とにかく今の会社を辞めたいけど、転職や休職期間が不安」という方も、まずは無料のLINE相談をしてみてはいかがでしょうか。

\一律25,000円!労働組合運営で安心◎

まずはLINEで無料相談する

退職代行トリケシが合わない人

退職代行トリケシはこんな人に合わないかもしれません。

退職代行トリケシが合わない方

訴訟の可能性や複雑なケースの方

前述の通り、訴訟や複雑なケースの場合は弁護士運営の退職代行業者に任せた方が良いでしょう。

退職代行トリケシは弁護士監修のサービスですが、実際に訴訟や法律事務の作業はできません。

「弁護士監修」は直接弁護士が運営しているわけではないのでご注意ください。

退職代行トリケシの概要

退職代行トリケシtopページ
スクロールできます
運営元日本労働産業ユニオン
エリア全国対応可能
利用料金25,000円(税込)
営業時間24時間対応
退職代行トリケシの概要

退職代行トリケシは日本労働産業ユニオンという労働組合が運営する退職代行です。

利用料金は25,000円で、労働組合加入費込みの料金になります。

また転職や給付金サポートも行っているため「今すぐ辞めたいけどこの先不安…」という方も、まずはLINEの無料相談から質問もできるので、問い合わせてみてください。

\一律25,000円!労働組合運営で安心◎

まずはLINEで無料相談する

退職代行トリケシの利用の流れ

STEP
公式サイトへアクセスし無料相談
STEP
申込み・入金
STEP
退職希望日などのヒアリング
STEP
会社へ退職の連絡
STEP
退職完了

退職代行トリケシの利用方法

の公式サイトにアクセスし「無料相談する」を選択します。

LINEのアプリが立ち上がるので「退職代行トリケシ」のアカウントを友達登録し、トークルームから相談をします。

退職代行トリケシのよくある質問

本当に退職出来るの?

退職は労働者の権利と法律で定められているので、退職できます。
万が一退職できなくても全額返金保証の対応しています。

有給が余っている場合消化できる?

有給の取得は労働基準法に規定された労働者の権利なので、消化できます。

「人手不足だから今やめられると困る」と言われたけど辞めれる?

人手不足は会社の責任なので退職可能です。
「後任が見つかるまで」「教育がおわるまで」というのはあくまで会社の願望です。
あなたに責任はないので安心してください。

会社の人と話したくないけど連絡は来る?

退職の意志を伝える際に本人への連絡をしないよう伝えます。
しかし強制力はないため、稀に会社側が勝手に連絡をしてくる場合もあります。
その場合は連絡を無視して、担当者へ相談しましょう。

離職票はもらえますか?

基本的に退職書類は郵送されます。
退職書類は到着まで時間が掛かり、源泉徴収票や離職票は最終給与日から2週間ほどで発行されます。

会社からの貸与物はどうすればいい?

本人から会社宛に郵送してもらうケースが多いです。
場合によっては別の宛先に送付する必要があるので、貸与物がある場合は返送先を退職代行トリケシから確認することも可能です。

支払い方法は何があるの?

退職代行トリケシでは、下記の支払い方法に対応しています。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • ApplePay
  • GooglePay
  • コンビニ払い

まとめ

退職代行トリケシは労働組合が運営する退職代行サービスです。

金額も民間企業水準なので、コストパフォーマンスが高いと言えます。

LINEで24時間気軽に質問できるので、少しでも迷っている方や疑問がある方は、下記の公式サイトからアクセスしてみてください。

\一律25,000円!労働組合運営で安心◎

まずはLINEで無料相談する

またケースによっては他の退職代行サービスを利用した方が良いかもしれません。

以下に運営元別のおすすめ退職代行サービスを紹介しているので、参考にしてみてください。

スクロールできます
おすすめの退職代行サービス

弁護士が運営
訴訟や複雑なケースに対応
¥43,800

労働組合が運営
交渉権もあり
¥24,800

民間企業が運営
転職エージェントも併用可能
¥22,000
おすすめの退職代行サービス
シェアはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次