薬剤師の転職って厳しいの?転職成功の秘訣を伝授します!

人材市場で価値が高いといわれている薬剤師ですが、近年では薬剤師の就職難が顕著化しています。

需要と供給のアンバランス、地域ごとの差異、非正規雇用の増加などが影響し、新卒や転職者が求人市場で競り合っています。

そんな状況の中で、薬剤師が将来にわたり安定的にキャリアを築くためには、戦略的なアプローチが求められます。

本記事では、転職難の要因や克服のためのアドバイスなど、薬剤師の転職成功の秘訣について紹介していきます。

専任のコンサルタントが希望のお仕事をスピーディーに紹介!

無料転職サポートに申し込む

目次

薬剤師の転職が厳しいと言われる理由

薬剤師の転職が厳しいと言われる理由はさまざまですが実際のところ、薬局自体の数は年々増加傾向にあり、2020年は約6万施設にのぼりコンビニよりも多いと言われています。※参考:薬局薬剤師に関する基礎資料(概要)

もちろん薬局の数が多い分、人材の需要はありますがなぜ薬剤師の転職が厳しいと言われているのでしょうか。

1.エリアごとの需要の偏り

薬剤師が勤務する薬局や病院の数は人口に比例しているため、東京やその近郊エリアでは、求人数も多いです。

しかし薬剤師自体の数も多いため、都心部では飽和状態にあり、より経験やスキルによっては転職が難しいと言えます。

また鳥取県、島根県、福井県といった地方の地域では薬剤師不足となっています。

このように地域によって転職のしやすさや選べる求人の豊富さが変わっており「転職が難しい」と感じる人がいます。

2.薬剤師自体の数が増えている

2006年から薬学教育が6年制となったため薬学部の新設が増え、薬剤師への間口が広がった結果、薬剤師数は32万人に上ります。参考:薬剤師数の推移

このまま増加傾向が続けば、2030年頃には供給が上回り就職や転職が難しくなるというデータもあります。※参考:薬剤師の需給調査

薬剤師の転職成功の秘訣は?

お伝えした通り、誰しも薬剤師の転職が難しいというわけではなくお住まいのエリアやスキル、経験によってばらつきがありまた今後はよりライバルが増えてるという見解です。

では今転職を考えている方はどんな点に注力すればよいかご紹介します。

1.なぜ今の職場じゃだめなのかを考える

転職する前にまず今の自分と仕事を振り返りましょう。

もし転職して、イメージと違うと思い早期退職すると転職回数が増え、その後の転職でも採用担当者の印象はよくありません。

・今の職場への不満は今後も改善されないのか?
・自分が見つめなおすことはないのか?
・次の職場でも同じようなことが起こらないか?

というように、転職しなければ変えられないのかを振り返ってみましょう。

ここでしっかり自分の気持ちが決まることで、転職の軸がブレずに、志望動機や退職理由の説明にも役立ちます。

2.理想の条件を考え、優先順位をつける

振り返りをした上で、新しい職場や仕事に求める条件を考えていきましょう。

そしてその中で優先順位をつけていきます。

例えば
・前職は残業が少ない職場であれば転勤も考えてみようかな
・家族との時間を大事にしたいから、収入よりも土日休みを優先したい
・育児明けでブランクがあるから、正社員よりも派遣社員の方が良い
など自分の中で1番大事な軸を一つ決めましょう。

1日~の短期も◎自由な働き方ならファル・メイト!

無料登録して求人を紹介してもらう

3.良い求人に出会う

みなさんは求人を探すとき、多くの方が求人サイトを見てその中で条件を絞って探していると思います。

しかし多くの求人が非公開であったりあなたの見ている求人サイトに載っていないケースがあります。

1つの求人サイトにしか掲載していないパターンや求人サイトを利用せず、転職エージェントからの紹介のみで募集している企業も多く存在しています。

理想の条件を決めても、それに合う仕事を見つけられなければ転職は失敗してしまいます。

人材紹介会社が運営する転職エージェントに登録しておけば条件に合った仕事を紹介してくれるのでおすすめです。

4.スキルアップや資格取得で市場価値を上げる

薬剤師としてキャリアアップしていくために必要なのが資格取得です。

その中でも認定薬剤師は、一定期間の研修や実務を経て取得でき、ご自身が希望する研修プログラムに参加し単位を取得していきます。

例えば「がん薬物療法認定薬剤師」はがん患者へ質の高い薬剤業務を提供します。

がん薬物療法認定薬剤師の資格は、特にがん治療に注力している病院やがんの研究センターで勤務することに有利になるでしょう。

また将来的には「がん専門薬剤師」への道も目指すことができます。

認定薬剤師の認定機関は3~5年のものもあるため、普段から興味のある専門分野への研修プログラムに参加していくことで、今後の供給過多が予想される薬剤師の中でも市場価値の高い人材へキャリアアップできるでしょう。

薬剤師専門の転職エージェントに登録しよう!

「はじめての転職で不安・・」
「なかなか良い求人が見つからない!」

という方は薬剤師専門の転職エージェントがあるのをご存じでしょうか?

薬剤師専門の転職エージェントでは調剤薬局や病院だけでなく一般企業の薬剤師向け求人も取り揃えています。

一般的な求人サイトに掲載していない非公開求人も多く、豊富な求人数で理想の働き方や職場が見つかるかもしれません。

まとめ

薬剤師は転職が厳しいと言われていますが、地域によってさまざまです。

しかし将来的には求人よりも求職者が上回る飽和状態になる可能性が高いでしょう。

今後キャリアアップや働き方を選べる市場価値の高い人材になるためには、今のうちから資格取得のために研修を受けることをおすすめします。

また「転職自体に迷っている」という方も、他社の求人と比較してみることで改めて今のお仕事を見直すきっかけになるかもしれません。

すぐに転職しないという方も、転職エージェントに登録しておけば希望に合うお仕事を紹介してくれるので忙しい方でも効率よく転職活動ができます。

みなさんの転職が上手くいくことを祈っております!

専任のコンサルタントが希望のお仕事をスピーディーに紹介!

無料転職サポートに申し込む

シェアはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次